【ハンガリー-ブダペスト】魅惑のハンガリー(グルメ&スイーツ編)

ハンガリーに行く前は、「ハンガリーの名物って何だろう?」状態だった私ですが

実際に行ってみるとあるわあるわ…ハンガリーは美味しいもの大国でした!

今回は実際に現地で食べたグルメレポート。

お腹空いてる時に見ると危険です!

18

 

ハンガリーのおいしいものって?

ハンガリーのグルメ関係で有名なものをざっくり挙げると、

・トカイワイン(Tokaji wine)・・・ハンガリーのトカイ周辺地方特産の貴腐ぶどうワイン

・フォアグラ (Goose liver)

・パプリカ (Paprika)

・チキンのパプリカ煮込み

・果物のスープ (Hideg gyümölcsleves)

・グヤーシュ(Gulyás/Gulasch) ・・・牛肉や玉ねぎ、パプリカなどを煮込んだ料理

・クルトシュ・・・パンに似た生地を棒に巻き付けて、表面を炙り砂糖などをまぶしたお菓子

・CAFE GERBEAUD ・・・1858年創業のブダペスト最古のカフェ

などなど、沢山あります。

物価の安いハンガリーで、調子に乗って次々試してきたのでご紹介。

 

トカイワイン (Tokaji wine)

ハンガリーのトカイという場所とその周辺地方で、貴腐ぶどうから作られるワイン。

その地方の気候の特徴から、糖分が濃縮された甘い貴腐ぶどうができるため

トカイワインは甘いワインになるそうです。

17

 

ちなみにこのトカイワイン、ラベルに「DRY」「SWEET」「puttonyos(プットニョス)」などの表記があるのですが

これはワインの甘さの目安。

調べてみると「puttonyos(プットニョス)」というのは、そのワインに使われた貴腐ぶどうの量や糖分含有の量で等級分けされているそうで、3から6まであります。

ちなみに6がMAX、見比べたところ等級が上がれば上がるほど高いです。

(puttonyos表記がないものは比較的安め)

 

お店のお姉さんと、これはputtonyosいくつ?これはno puttonyos! じゃあこれは?などの会話をしていたため

謎に響きが可愛い単語「puttonyos(プットニョス)」を2人で連発していました。

私お酒がとても弱いのですが、試しに一杯飲んでみたところ本当に甘い!

これならワインが苦手でも、少し楽しめそう。

 

ちなみにトカイワイン、トカイ・アスーという階級とかトカイエッセンシアなど、色々種類があるので

細かく知りたい人はWikipedia先生まで!(丸投げ)

 

 

フォアグラ (Goose liver)

ハンガリーといったら、フォアグラ!だそうで。

私は行ってから初めて知りました。

ハンガリーで食べるフォアグラは、日本では考えられないほど安い。テンション上がります。

市場で買うと、こんなに大きいフォアグラがなんと2,000円程で売られているという衝撃。

ASdと書いてあるのがフォアグラ。巨大。
LIBAMAJと書いてあるのがフォアグラ。巨大。

 

私がまずフォアグラを食べたのが、レビューを見て決めたお店「Budapest Bagel」。

ちなみにハンガリーでは上記の通り、フォアグラは「フォアグラ」と言うよりも

「LIBAMAJ(リバマイ)」または「Goose Liver」と言った方が断然コミュニケーションが早いです。

 

お店で注文したのはこちら、「フォアグラパテと洋ナシのベーグル」!

おしゃれ
おおおおしゃれ

 

きゃー。テンション上がりますね!

ちなみにこのベーグルとジュースで400円くらいです。や、安い…

そしてとてもとても美味しかった。フォアグラのこってりな美味しさと爽やか洋ナシが絶妙なマッチでした。

 

別日に知り合った韓国美女、Hayongちゃんと食べに行ったフォアグラソテーも美味しかった。

左がフォアグラ。ベリーのソースがけ。
左がフォアグラ。ベリーのソースがけ。

 

レストランの名前忘れちゃいましたが、このフォアグラ入れた2皿女子2人でシェアしても1人1,500円くらい。

すごいよブタペスト!

 

パプリカ (Paprika)

ハンガリーに行くと、お土産店がこれでもかと推してくるのがパプリカ。笑

 

なんでもハンガリーでは、料理にパプリカを使ったりパプリカパウダーを入れたりと、沢山使うんだそうです。

日本人の私には「パプリカってそんな推すほど味あったっけ・・・」くらいの印象だったのですが

なぜか滞在中パプリカを見すぎていると、「パプリカお土産にいいかも」とか思い出してしまう不思議(単純)

こんな感じで干したパプリカも売っている
こんな感じで干したパプリカも売っている

 

チキンのパプリカ煮込み

そんなパプリカを使った激うまお料理がこちら。

チキンのパプリカ煮込み!

まったりクリーミー
まったりクリーミー

 

鶏肉をほろほろになるまで、クリーミーに煮込んであるハンガリーのお料理なのですが

これはねーもう本当においしかったです。食べた瞬間「!!!」ってなりました。笑

じっくり煮込んだ優しい味。ちなみにパプリカはパウダーとして入っているのか、具は鶏肉がメイン。

美味しいチキンのパプリカ煮込みを食べたい方は、ペストエリア側の「Frici Papa」というレストランへ。

※日曜お休みっぽいので注意

ちなみにこれ、1皿確か350-400円くらい(ライス込みで)です。素晴らしい!

 

冷たい果物のスープ(Hideg gyümölcsleves)

ハンガリーでは、色々なフルーツをスープにして楽しむと知ってから

テンション急上昇です(テンション上がってばっか) それは是非食べてみたい!

ということで先ほど紹介した「Frici Papa」でこちらも頼んでみました。

 

ちなみにデザートとしてではなく、前菜などのスープ扱いで飲むものだそうです。

食文化の違いっておもしろいですねー。

チェリーの冷製スープ
チェリーの冷製スープ

 

頼んで出てきたのは、チェリーのスープ。

思っていたよりさっぱり味で、甘すぎず美味しかった。

中にはチェリーがごろごろ、上にはクリームが載せてあり

スープだと甘く見ていたらボリュームがすごかったです。300ml以上あったと思われる…

こちらも安くて、100円くらいだったような。なんなのブダペスト!

 

グヤーシュ (Gulyás/Gulasch)

11

 

グヤーシュは牛肉や玉ねぎ、パプリカなどを煮込んだシチュー料理のこと。

チキンのパプリカ煮込みと並んで、滞在中一番目にしたハンガリー料理だったかも。

こちらは「Menza」というレストランで食べました(300-400円くらいだった気がします)

 

煮込んでしっかり出た旨味がおいしくて、万人受けしそうな味。

具材も多くて結構ボリュームがあります。パンと食べるともっとおいしい!

 

クルトシュ

06

ハンガリーのおやつを調べると、必ず出て来るクルトシュ。

これはイースト発酵させた記事を棒に巻き付けて表面を炙って焼き、シナモンシュガーなどを表面にまぶした

外はかりっと、中はふわっと系の気軽なお菓子です。

街中や公園のイベント会場などで100円位で買え、お店によってはフレーバーも選べます。

ハンガリーのおやつ、クルトシュを炭火で焼くおじさん。
炭火焼はずるい。おいしそう。

 

このおやつ、パン生地なだけあって結構ボリュームあります。素朴な味。

 

CAFE GERBEAUD

これはお店の名前なのですが、とても有名な1858年創業の古ーい歴史のあるカフェ。

歴史を感じる店内
歴史を感じる店内

 

雰囲気抜群。

ケーキやチョコレートのショーウィンドウも見ごたえがあります。

ずらりと並ぶ綺麗なケーキ
ずらりと並ぶ綺麗なケーキ

13

 

ここは有名なだけあって、平日も休日も人がいっぱい(そして年齢層が若干高め)

そしてケーキも他の物価に比べると、結構な値段がします(上記2点で2,000円くらいだったかな)

味はとっっっっても甘いです。

甘いものが好きな私でも、ぎりぎり食べきれたくらいの甘さ。おいしかったですが、甘いの苦手な人はちょっと注意。

でもまったり雰囲気を楽しむには素敵なカフェです。

 

ちなみにこのカフェで、隣のテーブルに座ってたお姉さんが退店間際に「Excuse me?」って声をかけてくれ、

(写真撮ってほしいのかな?)と思いきや

「貴方の着てるそのワンピース、素敵ね!」とだけにっこり言って去っていってくれました。

 

とっても嬉しかったな。お気に入りのワンピースだったのもあるけれど、何より

言わなくても済ませられるところを、「言ってあげよう」としてくれたその心持ちがとっても嬉しかったです。

(この日はいいことバトンで次に繋げようと、私もこの後1個いいことしました。笑)

ありがとうお姉さん。

 

グルメ好きにはたまらない国

あぁ、思い出して書いていたらお腹すいてきた・・・。

食べ物って旅行において結構大事だと思うのですが、その点ハンガリーはパーフェクト!

 

美味しい思いを何度したことか・・・。

本当に世界一周のバックパッカーか!という感じの豪華な内容になっちゃいましたが

物価が安いので、ケチケチせずに楽しめるのもポイント高し。

どんだけハンガリー推すんだって感じですが(笑)、グルメ好きにはおすすめです。

About Natsu 22 Articles
Natsu ただいま世界一周ひとり旅中。 IT系女子を卒業し会社を辞めて、ずっと行きたかった世界一周へ。 日々のこと、体験した世界のことをつらつら書いていきます。 毎日オフィスにいたのに、今は日々違う国にいる不思議。

1 Comment on 【ハンガリー-ブダペスト】魅惑のハンガリー(グルメ&スイーツ編)

  1. Hi, Natsuko, your description of the Hungarian cuisine is really nice and in detail. It gives us opportunity to open up our eyes even we don’t have a chance to go there and taste them. Joyce likes the cake in Cafe Gerbeaud most. It looks delicious, although we can’t taste it. Keep going and write more when you go to other countries.

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*