【ハンガリー-ブダペスト】魅惑のハンガリー(つれづれ旅行記編)

現在ハンガリーのブダペストに滞在中。

01

あまりにハンガリーが素晴らしくて、滞在1泊延長してしまいました(ほんとはもっと延ばしたかった)

計5泊滞在!

「ドナウの真珠」と言われる素晴らしきブダペストでの日々を、ちょこっとご紹介。

楽しかったなあ。むふふ。

 

ハンガリーは日本と似ている?

旅行していると、その土地に行って初めて知ることが沢山あるのですが

ハンガリーに行ってびっくりしたのがこの3つ。

・苗字⇒名前の順が日本と一緒

・温泉大国である (ブダペスト市内だけでも100以上源泉があるとか)

・赤ちゃんに蒙古斑がある (これは昔ハンガリーがモンゴル帝国支配下にあった際に混血したせいらしい)

知らなかった!顔は全然違うけれど、なんだかちょっと親近感。

 

ちなみにハンガリーの人は、親切で感じがいい人が多かった気がします。

ありがたい。

何か聞いても丁寧に教えてくれたり、笑顔で対応してくれることが多かったです(もちろん人によりますが)

 

ドナウの真珠と呼ばれるブタペスト

その美しさから、「ドナウの真珠」と称されるブダペスト。

ブダペストって、ドナウ川を境に分かれていたブダとペストという地域が統合されて

ブダペストという名前になったそうです(恥ずかしながら、知らなかった・・・)

 

広いドナウ川にかかるセーチェーニ鎖橋で繋がる、ブダ&ペストエリア。

セーチェーニ鎖橋
セーチェーニ鎖橋

ちなみに現地でFree walking tourに参加したのですが、ガイドさんの説明が詳しくて面白かったです。

※Free walking tour ・・・徒歩で街を2-3時間歩く、説明付きガイドツアー。参加者の任意額のチップで成り立っていることが多い

 

ガイドさんによると、この橋はかの有名なイギリスのロンドンブリッジと同じ設計士が作ったものだそう。

 

ここから見る景色はとっても素敵です。昼も素敵だけど、夜も雰囲気抜群!

スケッチするおじさんの像
スケッチするおじさんの像

 

ちなみにガイドさんはペスト側に住んでいるそうですが、

ブダペスト市民に人気がある居住区はブダ側だそう。

ペスト側は混んでいるし、緑が多いブダ側の方が好まれるのだとか。

しかし観光客に人気があるのは断然ペスト側。面白いですねー。

 

川の向こうがブダ側
川の向こうがペスト側
緑が多いペスト側
緑が多いブダ側

 

ヨーロッパ一の巨大温泉、Széchenyi(セーチェーニ)へ行く

温泉大国と聞いたら、やっぱ行くしかないでしょう!

(ヨーロッパはシャワーばっかりなので、お風呂に浸かれると知った時の喜びと言ったら…)

という訳で、行ってきましたよ「セーチェーニ温泉(Széchenyi spa)」

 

ブダペストには世界で3番目に古い地下鉄(メトロ1号線)があり、それに乗って向かいます。

降りる駅は「Széchenyi fürdő」、片道350フォリント(約130円)。

レトロ感。
レトロ感。車内の吊革はリアルに革で出来ていて、これまた雰囲気抜群。

 

市内中心部から歩いても30-40分なので、地下鉄だと結構すぐ着きます。

駅を出て階段を上がると、温泉はすぐそこ!

宮殿ですか!?という外観
宮殿ですか!?という外観

1日券の料金は平日で、大人1人4,700フォリント(約1,760円)※ロッカー使用料込

物価の安いブダペストにしては結構高いです。

 

しかし水着に着替えて場内に入ると、値段も納得の巨大さ。

なんとヨーロッパ一大きい温泉施設らしいのですが、湯船の数が半端ないです。

03

もはや温泉というかプール
もはや温泉というかプール

 

それぞれ温度の設定で湯船が分かれているのですが、全体的にお湯はぬるめ。

外湯に至っては、もはやプールです。

そしてなんと、あの「流れるプール」ならぬ「流れる温泉」までありました。

※人工的に流れていたのか、みんなが流していただけなのかもはや不明だけど楽しかった。笑

みんなすごい楽しそうな図
みんなすごい楽しそうな図。中央の円状のところがぐるぐる流れるゾーン

 

外湯は大きい湯船が3つ、内湯はおそらく10以上。

多すぎ&広すぎて、「あれ、この湯船さっき来たっけ」「ここ浸かってないよね?」とわからなくなります。笑

 

内湯
内湯

 

ちなみにサウナもいくつかあるのですが、

スチームサウナは今までの人生で入ったサウナの中で一番暑かった。

1分持たずにさっさと出ました(根性なし)。もはや命の危険を感じるレベル。

 

 

実はここには先日友達になったスペイン人2人(MarcelとAlex)と一緒に来たのですが、

会話の流れから、温泉でスペイン語レッスン開始。笑

おかげで、「こんにちは、私は○○です」「お元気ですか?」「私は日本から来ました」という言葉を覚えて、

1-10まで数えられるようになりました。感謝!

 

Marcelさん、スペイン語講師をしてただけあって教え方が上手い(そして厳しい)

———————————————

M 「はい、じゃ5まで数えてみて」

私 「uno, dos, tres, cuatro, cinco!」

M 「素晴らしい!次6-10はこうだよ」

私  「uno, dos, tres, cuatro, cinco, ○△×, ◇×&, ocho, nueve, diez」

M 「Natsuko …間違えたらもう一度最初からやって」

私 「uno, dos, tres, cuatro, cinco, seis, siete, ocho, ○△♯, diez…」

M 「もう一回やって」

私 (´;ω;`)

———————————————

というガチレッスンを温泉で繰り広げてました。笑

でも先生やってただけあって、根気強く教えてくれてしかもほめ上手でした。

スペイン行ったら使います、ありがとう!

 

そんなこんなでなんと4時間も温泉でまったりし、いい加減ふやけてきたところで退場。

あー気持ちよかったな。

ハンガリーに行った際は是非温泉へ!水着を忘れずに。

 

英雄広場でフェスティバル♪

温泉に行った翌日、温泉の近くにある英雄広場(Hero’s square)でやっていた

ビアフェスティバルに行ってきました(ビール飲めないけど)

夜に行ってきたのですが、なんだかダンジョンのようで雰囲気抜群!

屋台も多くてテンション上がります。

わくわく
わくわく
上手く撮れなかったけど、会場の巨大さは伝わるかな
上手く撮れなかったけど、会場の巨大さは伝わるかな

ものすごい数のお店と人!盛り上がってました。

ビールやワイン、ハンバーガーなどの食べ物や、ハンガリーのお菓子などなど盛りだくさん。

こっちはスペイン人メンズ2人×韓国美女1人×私で参加してたのですが、

隣に座ったハンガリーの人たちと話せたりしてとっても楽しかったです。

 

ハンガリーのおやつ、クルトシュを炭火で焼くおじさん。
ハンガリーのおやつ、クルトシュを炭火で焼くおじさん。おいしそう。

 

このビアフェスティバルは偶然タイミングが合って行けたのですが、

週末にはこの付近で大きなフリーマーケットもあるそう(ただし14:00に閉まるので注意)

ブダペストに行く際は、何かイベントがやっていないかこのページで調べて行くと楽しいかも。

 

Central Market Hall(中央市場)でお買いもの

ブダペストに来たら、お土産探しといえば必ず出てくるのがこの場所。

Central Market Hall(中央市場)!

観光客が沢山
観光客が沢山

 

ここは1Fが食べ物系、2Fがフードコートとお土産(カロチャ刺繍などの伝統工芸品)に分かれてます。

人が多いですが、ぶらぶら見て歩くだけでも楽しい。

1Fは主にハンガリーのお土産の鉄板、

・パプリカ

・フォアグラ

・トカイワイン(貴腐ワイン)

のオンパレード。

お酒やスイーツ、フォアグラなどなど
お酒やスイーツ、フォアグラなどなど

 

ハンガリーはフォアグラで有名だそうで、

この市場では20cm以上あろうかという大きい生フォアグラが2,000円ほどで売られていたり

色々びっくりです。

ただ、観光客が沢山来るだけあってフォアグラの缶詰やトカイワインの値段は高め

同じ物がスーパーで売っているのを比べると、1.7倍くらいする時も。

ちなみにひっそり地下フロアもあるのですが、上のフロアでそんな値段で物が売られている中

安さが売りのスーパー、ALDIが地下に存在しています。すごいなALDI!

出店するとき揉めなかったのかな、と余計な心配。笑

 

ブダペスト、おすすめです

他にもブダ城とか、国会議事堂とか見どころは山ほどあるのですが

個人的に濃かった日をまとめてみました。

実はブダペスト、以前仕事でお世話になった旅行社の方が太鼓判を押していたので行ってみたのですが

行って本当に良かったです。

 

物価が安くて、食べ物がおいしくて、人が優しくて、景色が綺麗で・・・

素晴らしいじゃないかブダペスト。

次の旅行どこ行こう?と考えている方、ぜひブタペストへ行ってみて!

※ちなみにグルメ的なネタも山ほどあったので、別途今度まとめます。

 

本当にこの2人のおかげで滞在楽しかった!
本当にこの2人のおかげで滞在楽しかった!

滞在中、沢山一緒に遊んでくれたMarcelとAlexの2人に感謝です。

最終日に一緒にランチに行けた韓国美女、Hayongちゃんも感謝!

何度見てもかわいい。
何度見てもかわいい。

 

以上、とっても楽しかったブダペスト滞在記でした。

 

About Natsu 22 Articles
Natsu ただいま世界一周ひとり旅中。 IT系女子を卒業し会社を辞めて、ずっと行きたかった世界一周へ。 日々のこと、体験した世界のことをつらつら書いていきます。 毎日オフィスにいたのに、今は日々違う国にいる不思議。

4 Comments on 【ハンガリー-ブダペスト】魅惑のハンガリー(つれづれ旅行記編)

  1. Hi Natsuko, we are very glad that you have visited Hungary and its Szechenyi spa. How smart you are!
    As Japan is also famous for its spa/ spring, is there any difference between that in Hungary and in Japan?

  2. Hi Joyce and Mike,I’m glad to have your comment!
    Actually there was many difference.
    As you may know,we usually don’t wear anything when we go into spa, but we have to wear swimsuit (&swimcap sometimes!) to go in, so it made me feel like I came to pool.
    Also, there were no place to wash your body and hair, they only have showers like swimming pool.
    And almost all spa temperature was setted lower than Japanese one.
    It was interesting!
    Have you tried Japanese spa?

  3. ご飯おいしそう・・・! 市場と安売りスーパーの関係性は、階層が逆だったら問題だったのかもね笑! 
    なんだか天候にも恵まれていて、写真もキレイ!!

    読んでて思ったけど、漫画「ワンピース」のロビンの技名は、結構スペイン語の数字使ってるね。ドス、トレスから始まり・・・百(シエン)や千(ミル)とかも使われてた!

    • 遅くなった―ごめん!
      ハンガリーはほんとにごはん美味しかった。

      確かに階が逆だったらもう何がしたいかわからんね。笑
      なぜかスーパーのある地下一階になると、急にピクルス屋だらけになる謎。激戦区か!

      スペイン語からとってたんだねー!とりあえずまだ10までしか数えられないわ・・・

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*